Skip to content

誰よりも早く免許を取得したかったです

免許を取るには、誕生日がすごく関係すると思います。唯一すごくうれしかったのが4月生まれなので早く免許取得が可能ということです。
仮免許までは誕生日が来なくても通えることを知っていたのですが、あまり期間が空いてしまうと通う気がなくなってしまうと思ったので、誕生日をすぎてから通うことに決めました。
高校3年生の5月ゴールデンウィーク明けた平日の日より、免許取得に向けて教習学校に通い始めました。
入校式では、私と同じ高校生が居たので、話しかけて仲良くなり、よくその子とも学科を受けたり、進み具合を比べたりしていました。
そのお友達はお誕生日が6月ということもあり、途中から進めなくなり私の方が進んでしまいました。

教習所では、田舎ということもあり、訛っている教官おじさんばかりでした。
中でもダンディなおじさん教官とは仲良くなり、キャンセル待ちの順番を良く入れてもらったりしてくれました。
また若い教官もいて、その人はとても面白く人気なのですが、どこかエロいというか何か私は得意なタイプではなかったので、その教官にあたるととても私は残念でした。

第二段階の初めの講習では原付の資格のために構内原付バイク走行がありました。
ここでは1つ上の先輩と偶然一緒になり、グルグル構内を回った事がとても楽しかったです。また原付に乗れないバランスが悪い方もいるのですね。よろよろと運転しており、教官に叱られるというか、なぜできないのか?と問い詰められていました。教官も必死ですね。

無事にゴールデンウィーク明けから7月上旬までに卒検迄終わらせることができました。
最後に学科のみという所で1ヶ月もたってから、入校式で会った友達と共に学科を受けに行きました。
闇講というものがあり、朝の5時半より始まるスパルタというか、ほぼ100%の確率での問題を教えてくれます。
案の定私は眠気に襲われましたがすぐに先生?が起こしに来た思い出があります。
そして無事に学科も受かり晴れて免許取得に成功しました。18歳の夏です。

自動車運転免許取得情報サイト
自動車学校批評ネットURL