Skip to content

占いのイメージ

「占い」と言う言葉を聞くとどの様なイメージをもつでしょうか、人によって様々だとは思いますが、占いとは信ぴょう性のないものですとか、胡散臭いものと考える方もいらっしゃると思いますし、逆に、占いを学問として捉えている人や、自らの行動の指針としている人もいると思います。
なぜここまで占いと言う言葉の感じ方に差が出てしまうのでしょうか、それは「占い」と言う言葉に色々な事を集約させ過ぎたせいではないでしょうか、占いを突き詰めていくと、単なる運勢を見るものから、その人の宿命を見るものと言った、「意味」を捉える場合もありますし、星占いや電話占い、手相占いにタロット占いなどの様に「種類」の事に捉える場合も出来てしまいます。

電話占いでは、霊感系の占いがありますが、この占いの方法としては、霊視を行うそうですが、これは果たして占っていると言えるのでしょうか。
「占い」と言う言葉で一括りにするには、幅が広すぎると言えると思いますが、他に言い様がないのも占いなのです。

この様に「占い」と言う言葉が一般的に認知されてしまった今更では変える事が出来ないので、せめて占いに携わっている人物などは、知識のない人に伝える時に勘違いのない様に伝える事に気をつけると良いかもしれません。

ここ数年で占いという物は、大変市民権を得て来た様に感じます。
友人や知人を問わず、占いの結果の話しをされます。

良く当たる有名な電話占いの噂だとか、自分の運命やパートナーとの相性に、悪い運勢などを聞かされますし、これらの話しをする友人や知人から良く聞くワードは、電話占いと言うものです。

私はあまり占いと言うものを信じていませんし、私の占いの常識としては、雑誌やテレビなどに出ている占い師の方に直接会って占ってもらう様なものですので、電話占いと言う言葉には多少の違和感を覚えますし、どの様なものなのか想像をする事が難しいですが、普通に考えるのであれば、電話で占ってもらうのでしょう。

しかし、この様なブームが来るまでは、占いと言うものは話す相手を選び、大声で話す様なものではなかったですし、人によっては、占いの事などを嬉々として話せば、白い目で見られてしまうこともありましたので、時代が変わったのだと思うと同時に、自分の様な古い考え方をいつまでもしていると、取り残されて行くのではないかとの不安も生まれてきてしまいますので、私もいつか電話占いなどを体験して、友人達の話について行ける様にしようと考えてもいます。

まずは相談!