Skip to content

誰よりも早く免許を取得したかったです

免許を取るには、誕生日がすごく関係すると思います。唯一すごくうれしかったのが4月生まれなので早く免許取得が可能ということです。
仮免許までは誕生日が来なくても通えることを知っていたのですが、あまり期間が空いてしまうと通う気がなくなってしまうと思ったので、誕生日をすぎてから通うことに決めました。
高校3年生の5月ゴールデンウィーク明けた平日の日より、免許取得に向けて教習学校に通い始めました。
入校式では、私と同じ高校生が居たので、話しかけて仲良くなり、よくその子とも学科を受けたり、進み具合を比べたりしていました。
そのお友達はお誕生日が6月ということもあり、途中から進めなくなり私の方が進んでしまいました。
Continue reading ›

20年目のバレンタインの日

私は中学生の時に好き人がいました。彼は同じクラスの隣の席になった男子生徒でした。彼はクラスで背が1番高かったです。それに穏やかで優しい話し方は凄く心に響くものがありました。当時私の家は親が離婚をしたばかりでした。私の母は家を出て行きました。父親だけの家はどことなく暗い家でした。

私もあまりしゃべらない子供になっていました。でも彼のそばにいると暖かな感じがしたのです。
居心地がいいという感じです。私は中学に行くのが毎日楽しかったです。彼のことを見ているだけでよかったんです。彼には同じ部活に彼女がいたからです。
バレンタインデーの時も、彼女にチョコをもらったと言っていました。私はどうしようもない切なさと葛藤していました。
Continue reading ›

占いのイメージ

「占い」と言う言葉を聞くとどの様なイメージをもつでしょうか、人によって様々だとは思いますが、占いとは信ぴょう性のないものですとか、胡散臭いものと考える方もいらっしゃると思いますし、逆に、占いを学問として捉えている人や、自らの行動の指針としている人もいると思います。
なぜここまで占いと言う言葉の感じ方に差が出てしまうのでしょうか、それは「占い」と言う言葉に色々な事を集約させ過ぎたせいではないでしょうか、占いを突き詰めていくと、単なる運勢を見るものから、その人の宿命を見るものと言った、「意味」を捉える場合もありますし、星占いや電話占い、手相占いにタロット占いなどの様に「種類」の事に捉える場合も出来てしまいます。
Continue reading ›

霊感占いについての姿勢

姿勢というのを考えてみると、霊感占いというのは実に豊富な要素というものを持っていまして、昔から行われていた占いというものに霊という超自然的な要素を加えるということによって、かなり神秘的なイメージを強めているということがあり、大いなる意思の存在というものを感じることができるといわれているのです。
Continue reading ›

ついつい利用する電話占い

近年電話占いの需要は高まっています。

対面式の占いとは違い、自宅からでも利用できる電話占いは占い好きからすれば待望のサービスなことでしょう。
また、占いとは非常に依存性の高いものです。

例えば、血液型占いや星占いなど、雑誌やテレビで見かけると自分の項目を調べてしまうはずです。
とはいえ、占い…どんな場合であれ楽しむ程度にしておけばいいでしょう。
Continue reading ›

電話占いで豹変

あなたの夫が占いをした後に急に性格が豹変したらどうしますか。

実際に私は体験したのですが、電話占いを使用した夫が急に豹変して私に対して小土場の暴力を使うようになり、半年間耐え忍んだ記憶があります。

私としては別れたくなかったので、何と暮らしていましたが、なぜ急に私に対して酷い言葉をぶつけるようになったかが検討もつかないのです。

電話占いの変な鑑定師にアリもしないことを吹き揉まれたのでしょうか。

でも、良い大人が占い師の言われたことだけを信じて行動するとも思えません。
Continue reading ›

おせち料理の種類

おせち料理には、さまざまな種類の具材がありますよね!!

若い世代では特に、何も見ずに全て言えるという方のほうが、

もしかすると、というよりおそらくは少ないのではないでしょうか。

通常、おせち料理というのは四段の重箱に入れられています。

一の重には祝い料理ということで主に豆などが入っているそうです。

昆布巻きや田作り、数の子、くるみ、黒豆、たたき牛蒡などですね。

次に二の重には甘いものを入れると決められています。

Continue reading ›

一人用のおせち料理

おせち料理を買うと大体4人用以上になります。

大体お正月になる親戚や家族などが集まるので大人数で食べることが多いのでそのような大きさになっていると思いますが、中には年末年始を一人だけで過ごす人もいるのではと思います。

最近では一人用のおせちもあるのだそうです。

一人用のは三段になっており、一段目を元旦に、そして二日目は二段目、そして三日目に三段目を食べるようになっているのだそうです。

Continue reading ›